FC2ブログ

プロフィール

usagi

Author:usagi
もう書くのがメンドクサイ

写真だけで察してください。

1号店 過去分の日記は→ここから

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夏の宿題と言えば

2007/08/18 14:05

溶けるような8月も、もう半ば。
そろそろ夏休みの宿題を真剣に片付けだす頃ですね。



夏休みの宿題っていうと「自由研究」の方へ目が行きがちだけど、
自由研究よりも個人的にキツかったのが国語の宿題「読書感想文」。


僕は昔っから本読むの好きじゃなかったし、読むペースは激遅だし。
それに加えて作文系が大の苦手で、文章作成能力は皆無。
この二つの条件が致命的なほどに合わさって襲い掛かってくる夏の宿題 「読書感想文」。


夏休み残り3日ではとうてい渡り合えなかった。
中学の夏、2学期まではあと3日、終わってない宿題 「読書感想文」。
どうして今まで大事に取っておいたのかが分からない。



盆前に図書館へ行ったとき聞いた会話。
図書館なんだから静かにしろよボケ、と思いながら聞き耳を立ててしまう。
読書感想文なに読んだ?と聞かれたその子は「あー、えーとね、歴史上の人物の伝記」と言ってたな。

読書感想文の面倒なのは、読む前にまず何を読むかを決めないといけないこと。
頭の良いヤツラはそろって推薦図書を借りていた。ホント賢いと思う。
でも、僕は賢くなかったし、歴史上の人物の伝記を読んだ君もあまり賢い方では無いんじゃないか?
伝記ものって感想書きやすいのか?
だいたい歴史上の人物って誰なんだ?山本勘助か?どうなるんだ次週!?



で、夏休み残り3日の僕が推薦図書を借りているわけも無く。
(昔は薄いほうが読みやすいと思ってた。推薦図書=ハードカバー=分厚い=読みにくい)
書店に行き、迷いながらも買った本は文庫本。
(本は薄いほうが読みやすいと思っていた僕。文庫本=薄い=読みやすい)
選んだのは・・・・・



人間失格 (新潮文庫 (た-2-5)) 人間失格 (新潮文庫 (た-2-5))
太宰 治 (1952/10)
新潮社

この商品の詳細を見る



老人と海 老人と海
ヘミングウェイ、福田 恒存 他 (1966/06)
新潮社

この商品の詳細を見る



読んで感想文書いたのは後者の方で、

なんでこんなの選んだんだろう、どっち読んでもダメじゃん。

凄く面白くなかったのを覚えている。
爺が魚釣る話で感想も書きにくい、最悪だったな。

人間失格は面白かったかな。でも、感想は書けないよ。

スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(0) | comment(4)

comment

 自分も読書感想文苦手でしたよー。
書いてて気が付いたら本の内容丸写ししてた事も有ります。笑
最近は小説も読まなくなつてるので何か読まなければとは思ってます。

KAZ #t8PLm4cc/2007/09/03(月) 11:26:52/URL[ 編集]
読書量が少ないと良くないって言われてるし、
僕も何か読まないとなーと思ってます。
でも、なかなか面白そうな本がないんですよね。


兎 #leF2ecbc/2007/09/04(火) 16:58:11/URL[ 編集]
適当にラノベを表紙買いして、その日の内に読み切る事を心がけてみればいいよ。
ラノベだったら1時間くらいだし。

ねる #-/2007/09/05(水) 00:17:37/URL[ 編集]
斑目買いなんてできないよーv-356
買ったのがハズレだったらどうする?

最近は(つっても前に読んだ陰日向に咲くから)
ハードカバーの本を読むのがMyブーム(つっても今年入って2冊しか読んでないんだけどね、間宮兄弟と独白するユニバーサル・・・)

でもってラノベなんて買う気になれない。
でも、家には沢山あるよ妹のが


兎 #-/2007/09/06(木) 16:27:21/URL[ 編集]

投稿














管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackback url ↓

http://mizumasi.blog24.fc2.com/tb.php/105-ce3540e1




| ホーム |


Template production /polaroid
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。